トップ > お知らせ > お知らせ詳細

お知らせ

2013年10月30日

辻仁成「海峡の光」を初舞台化、主演に中村獅童

主演の中村獅童さん(左)と自ら演出も手がける辻仁成さん

 よみうり大手町ホールオープニングシリーズの演劇公演第1弾として2014年4月、作家・辻仁成さんの芥川賞受賞作「海峡の光」を初めて舞台化します。

 主演に、歌舞伎俳優としてはもちろん、テレビ・映画でも活躍する中村獅童さんを迎え、辻さん自らが脚本・演出を手がけます。

 「海峡の光」は、辻さんが青春時代を過ごした函館が舞台。青函連絡船の客室係をやめ、刑務所看守となった男の前に、かつて優等生の仮面をかぶりながら残酷に男をいじめた同級生が受刑者となって現れます。立場が逆転した2人の関係を通して、人間の心の光と闇を描きます。辻さんにとって思い入れのある作品であることから、これまで映像化・舞台化に至らずにいましたが、今回、本人の手で舞台化が実現しました。

 公演日程など詳細は決まり次第、当ホームページなどでお知らせします。


 演劇公演「海峡の光」
 作・演出:辻 仁成
 主演:中村 獅童
 公演日程:2014年4月(詳細未定)

一覧へ戻る